スポンサーリンク

数直線(かずのせん)を見ながら、20までの数についての大小や系列を学ぶためのプリントです。

 

「数直線」という言葉は3年生で学習をします。

ですから、1年生では「数の線(かずのせん)」などと呼んで学習をしていきます。

 

数の線(かずのせん)で大切なことは2つあります。

 

0から始まる
数の線は「0」から始まります。
この「0」には「始まり」の意味があります。
以前、子どもたちが学習をした「何もない」という意味の「0」とは異なります。
大小の関係
数の線では右に進むと数が大きくなります。
一方、左に進むと数が小さくなります。
このきまりが理解できれば、まだ学習をしていない繰り上がり・繰り下がりのあるたし算・ひき算(8+3や13-5など)も数の線を使って答えを求めることができます。

 

今回のプリントで子どもたちが難しいと感じるのは、

10-□-14-16-□-20のような問題です。(□に適した数字を入れます)

数字は1つずつ増えたり減ったりすると考える子が多く、2とびの問題を難しく思います。

数の線を見たり、指でなぞったりしながら数字を飛ばしていることが確かめられればと思います。

 

何度も挑戦して、数の感覚を養ってほしいです。

 

スポンサーリンク

数の線の問題

10より大きい数1 10より大きい数2 10より大きい数3
10より大きい数4 10より大きい数5 10より大きい数6
10より大きい数7 10より大きい数8 10より大きい数9
10より大きい数10 10より大きい数11 10より大きい数12
10より大きい数13 10より大きい数14 10より大きい数15
10より大きい数16 10より大きい数17 10より大きい数18
10より大きい数19 10より大きい数20 10より大きい数21

 

スポンサーリンク