スポンサーリンク

三角形と四角形についての学習です。

三角や四角という言葉は、子どもたちにとってすでに身近な言葉だと思います。しかし、その定義については曖昧になっています。この学習では、三角形と四角形の定義や「辺」や「頂点」、「直角」という言葉についても学んでいきます。さらには、「長方形」「正方形」「直角三角形」の特徴を学んだり、それらをかいたりもします。

 

三角形と四角形
三角形とは
3本の直線で囲まれた形
四角形とは
4本の直線で囲まれた形
というように学習をします。
これまでの経験や感覚で、何となく三角形や四角形を見分けることができる子もいます。しかしそのような場合、このような形を「三角形」と考えてしまうことがあります。形をじっくりと観察し、辺や頂点の数に注目させていきたいです。
「三角形」「四角形」の書き方・読み方は?
「さんかくけい?」「さんかっけい?」「三角形」は何と読むのでしょうか。
「三角形」は話すときには「さんかっけい」と言うことが多いですが、正しくは「さんかくけい」と読みます。

子どもたちの中には「三角形」「四角形」の文字の書き方・読み方に戸惑うこともあります。「角」という漢字は2年生で学習するのですが、使っている教科書によって学習する時期が異なります。そのため、この学習をしているときに「角」という漢字を学んでいない場合もあります。

その場合、「三かく形」と書くのか「三かっ形」と書くのか悩みます。

正しく「三かく形」「四かく形」と書けるよう気を付けてほしいです。

ここではこの学習の作図問題のプリントがあります。
定規をしっかりと手で押さえて、作図をしてほしいと思います。
スポンサーリンク

三角形と四角形の作図

長方形、正方形、直角三角形を作図するプリントです。直角三角形をかく場合は、向きを変えることができるので、いろいろな書き方があります。答えには1つの例を載せています。
スポンサーリンク