スポンサーリンク

身の回りにある数量を、簡単なグラフや表に整理したり、そこからデータの特徴を読み取ったりする学習です。

グラフに表すときには、具体的な絵や言葉から、「○」に置き換えて考えていきます。

データの特徴を読み取るときには、最大のものや最小のもの、差などに気を付けて読み取っていきます。

 

子どもたちがつまずくポイントは2つあります。

 

数を数えたかどうか忘れてしまう
しっかりと数を数えたものにチェックをしていないと、重複して数えてしまうことがあります。
2年生のはじめの頃は、まだまだ記憶力に不安のある子もいます。
1つチェックをしたら、グラフに1つ「○」を付ける。』という、ルールを決めて、落としのないようにするとよいです。
中には、同じものを一気に数えて、そのものの数だけグラフに丸を付けていく子もいます。そのやり方も、落としが少ないです。
○を付け始める場所を間違える
グラフに「○」を付けて表すときに、上の方から○を付けていく子がいます。
3年生の棒グラフの学習につながっていくものです。下から○を付けていくように、注意をしてほしいです。

 

スポンサーリンク

わかりやすく あらわそう(果物白黒)

 

わかりやすくあらわそう1 わかりやすくあらわそう2 わかりやすくあらわそう3
わかりやすくあらわそう4 わかりやすくあらわそう5 わかりやすくあらわそう6
わかりやすくあらわそう7 わかりやすくあらわそう8 わかりやすくあらわそう9
わかりやすくあらわそう10 わかりやすくあらわそう11 わかりやすくあらわそう12

 

スポンサーリンク

わかりやすく あらわそう(野菜カラー)

 

わかりやすくあらわそう1 わかりやすくあらわそう2 わかりやすくあらわそう3
わかりやすくあらわそう4 わかりやすくあらわそう5 わかりやすくあらわそう6
わかりやすくあらわそう7 わかりやすくあらわそう8 わかりやすくあらわそう9
わかりやすくあらわそう10 わかりやすくあらわそう11 わかりやすくあらわそう12
わかりやすくあらわそう13 わかりやすくあらわそう14 わかりやすくあらわそう15

 

スポンサーリンク