スポンサーリンク

3kg968gや2m47cmを3.968kgや2.47mのように表す問題です。

3kg368gの場合、3kg=3kg、300g=0.3g、60g=0.06g、8g=0.008gと考え、3kgと0.3gと0.06gと0.008gを合わせて3.968kgと書き換えます。このことをしっかりと理解していない場合、「3kg368gの『kg』のところを「.(小数点)」にして数字を読めばいい」と勘違いしてしまうことが多いです。その場合、1kg5gを1.5kgと考えたり、1kg30gを1.30kgと書いたりします(正しくは1.005kgと1.03kgですね)。

 

プリントには、1kg350g=1.35kgや45g=0.045kgなど間違えやすい問題も出題されています。

何度も取り組んで苦手意識をなくしていってほしいです。

 

スポンサーリンク

小数を使った単位の書きかえ

 

単位の書きかえ1 単位の書きかえ2 単位の書きかえ3
単位の書きかえ4 単位の書きかえ5 単位の書きかえ6
単位の書きかえ7 単位の書きかえ8 単位の書きかえ9
単位の書きかえ10 単位の書きかえ11 単位の書きかえ12
単位の書きかえ13 単位の書きかえ14 単位の書きかえ15

 

スポンサーリンク