「1+1=2」のような1けた+1けたのたし算の問題です。まだまだ始めのうちは指をつかって数えたり、図や絵を描いて数えたりする子がいると思います。学校ではブロックを使ったり、おはじきを使って学習をすることが多いのではないでしょうか。何度も挑戦して習熟してほしいです。

 

スポンサーリンク

10までのたしざん

10までのたしざん1 10までのたしざん2 10までのたしざん3
10までのたしざん4 10までのたしざん5 10までのたしざん6
10までのたしざん7 10までのたしざん8 10までのたしざん9
10までのたしざん10 10までのたしざん11 10までのたしざん12
10までのたしざん13 10までのたしざん14 10までのたしざん15

 

10までのたしざん(0を含む)

上のものと同じような、1けた+1けたの問題です。一部の問題には0が含まれます。

 

0ありたしざん1 0ありたしざん2 0ありたしざん3
0ありたしざん4 0ありたしざん5
スポンサーリンク